IVHとは?   

 このところ、IVHとは?何??とご質問をいただく事がよくあるとのことですので
簡単にご説明します。IVHの略号をそのまま単語に戻しますと・・・
Intravenous Hyperalimentationとなりますが、Intra-venous静脈の中にHyper-
alimentation濃い点滴(栄養)を入れるという事になります。

 短期間でしたら点滴の内容を工夫してあまり栄養失調にならない様に管理できますが
長期間は無理です。長期間、十分な栄養を補充するには特殊な濃い点滴が必要です。
高カロリー輸液と言われるものの一種です。しかし、こうした点滴を普通の皮下にある
静脈、採血や静脈注射、通常の点滴をする静脈に入れますと・・・濃すぎて静脈炎を
おこしてしまいます。そこで、身体の中にある太い静脈(少し深い所にあるので中心
静脈といわれます)に特殊な点滴器具を入れて、通常の点滴液で無い特殊な濃い点滴で
栄養をしようということです。

 この中心静脈でよく使われるのは頸動脈近くの内頸静脈、鎖骨と言う骨ご存じ
ですか?
a0318189_23321185.jpg
 この画像で手前に見えているのは患者さんの頭。写真の奥に靴下を履いた足が見え
ますね。緑の布が丸く開いている窓の所・・・一番手前に見えている骨、首から胸に
撫でていくと最初に触れる骨が鎖骨です。この骨の裏側に位置するのが鎖骨下静脈。
(普通に撫でた場合ね)他に、腿の付け根にある大隊静脈。それぞれに血管を捕まえ
るテクニックはあるのですが・・・。
 そうした血管に中心静脈カテーテルというチューブを挿入します。
a0318189_23322644.jpg
 こういう道具。真ん中にある白いチューブがそれですね。例えば鎖骨下静脈を刺す
場合はこんな感じで処置をします。
a0318189_23485538.jpg
 麻酔をしている所。このチューブが皮膚から出ていて、それを使って点滴を繋ぐ
のが、普通に言うIVH。特殊な器具(ポート)を皮下に埋め込んで、その器具に
ここのチューブを繋いで、高カロリー輸液を使う時のみこのポートに点滴の針を
刺す方式がCV(中心静脈)ポートという事になります。それぞれ一長一短があり
ますので、よく相談して決めることになります。
 以上、IVHとは?にお応えしました。

a0318189_00113225.gif

 本日倉敷北病院で「夏の音楽会」が行われました。本日、倉敷北病院のブログ
前篇が投稿されましたので、よかったらご覧ください。メディカ倉敷北ではこの
8月8日に夏祭りが開催されます。その際にも、昭和会音楽部の「夏の音楽会」が
イベントに計画されています。お楽しみに!

a0318189_00130792.gif
 メディカ倉敷北の「春の音楽会」はこんな様子でした。

                           宮原@昭和会

by medica-kurashiki | 2014-08-07 00:10 | スタッフからのメッセージ

<< ご招待ありがとうございました 8月1日はSさんの誕生日! >>