スタッフ交代のお知らせ   

 主要なスタッフの交代がありましたのでお知らせいたします。

 昨年より、ご入居の皆さま、ご家族の皆さま、近隣の医療・介護関係者の皆さまには
ご心配をおかけしまして申し訳ない事でした。

 とりたててご説明させていただくような事ではありませんが、メディカ倉敷北設立
当初からの、法人の理念・コンプライアンスに対する考え方と前施設長との考え方の
間に次第に隔たりが大きくなってきたようで、「看取り」に対する定義の違いから
細々した実務の意見の不一致、介護行政の常識に対する意見の違いなどが目立つように
なり、11月3日「自らの志に従って身を引きます。」という辞意を表明され、法人と
してはこれを了承いたしました。

 施設長の交代となりますとなかなか大変なことですので、グループ内の介護部門
営業部門、お付き合いいただいている近隣の医療法人、社会福祉法人、介護事業に
参入されている法人の皆さんに良い人材のご紹介をお願いして、タイミングよく有能な
施設長をお迎えすることができました。また、法人グループの中で有能なベテランの
ケアマネージャーや介護福祉士がメディカ倉敷北に移動してくれ、またお二人の介護
福祉士が無理をして駆けつけてくれました。

 昨年12月頃にはご入居者のご家族の方、近隣の医療機関のMSW(相談員)さん
達から「メディカはつぶれます。もう、今までの様な医療行為はできなくなります。」
等といった話をきいたが大丈夫なんだろうかという問い合わせをいただくようになり
ました。
怪情報でありますが、法人として必要な住宅であり、医療はその住宅に必要な機能で
ありますのでご家族には、メディカ倉敷北の新施設長、ケアマネージャーから丁寧に
説明させて頂き、対外的には医療相談室のスタッフや営業スタッフよりその場で否定
説明させて頂いております。無用なご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

 12月24・25日には複数のスタッフから辞表を受け取りまして、なかなか
人繰りが大変な事でしたが、1月中旬には3名の介護スタッフの受け入れをする
ことができます。また昨年末より病院から看護師が移動、介護スタッフも定期に参加
してくれています。ご安心下さい。
 
 この1月16日からは正式に(1月に入りまして、実質)新体制での運営が始まって
おります。1月に入りまして、入居のご相談を頂く事が増えてきました。なぜだか
先日はご入居の方のご家族から、「みんな明るくて気持ちがいいわ!」「従業員さんの
笑い声が聞こえてきて、感じいい!」と褒めていただくようになってきました。
職場の雰囲気が落ち着いてきたということでしょうか。ありがたい事です。

 ホームページやパンフレットは急いで改定中です。

 ご心配をおかけしましたが、スタッフ一同頑張って参りますので今後ともよろしく
お願い申し上げます。

               医療法人昭和会


by medica-kurashiki | 2016-01-17 23:54 | お知らせ

<< すくすく成長中! 新年のデイサービス >>