大原美術館の額絵集 第4シーズン   

 昨年12月に大原美術館の作品集のかけかえをして、今回はNo21~27の作品の
準備をしました。3月19日にメディカ倉敷北にお届けしました。

 今回はシャルル・ゲランの「手鼓を持てる伊太利の女」。大原美術館ホームページの
作品紹介にも詳しく説明されています。(No.21)
a0318189_17234459.jpg
 次に、ジュール・フランドランの「聖母に寄する頌歌」。ずいぶん昔の画集なので
この題名でしたが「聖母礼讃」の方が今は通りがよいかもしれません。(No.22)
a0318189_17294335.jpg
 3枚目はマルバル婦人(ジャクリーヌ・マルバル)の「小クレオパトラ」。この絵に
関してはよく分かりません。(No.23)印象的な絵なので、大原美術館で見た覚えは
あるのですが・・・。
a0318189_17473509.jpg
 ここから2枚はアンリ・ルバスク。この額装用の作品集は、昭和4年の古い物だからで
しょうか・・・大原美術館ホームページのリストとぴったり合うとはいきませんが
そのままこちらの作品集のデータで紹介しますと・・・。
 No24「潮より出る二人の女」・・・水彩画で「港の風景」??
a0318189_18164052.jpg
 No.25「サナリーの風景」
a0318189_18164690.jpg
 次はジングの「オーベルンの秋景」。実はよく分からない作品です。(No.26)
a0318189_18294353.jpg
 最後にNo.27オットマンの「夏の頃」。最近は「脱衣の少女」という作品は時々
名前をききますが・・・。ローランサンではないか・・・と思ってしまいました!
a0318189_18295388.jpg
 今回、よく分からない絵が多い印象でした。

 流沙@昭和会

by medica-kurashiki | 2018-03-21 23:50 | メディカ倉敷北

<< 春の陽気に誘われた皆さん 3月17日 本の紹介 >>