カテゴリ:訪問看護ステーション( 5 )   

教育担当看護師が来られました   

 先週の金曜日に、訪問診療のM先生からいろいろな処置がどんなふうにされている
のかちょっと分かりにくいね・・・と指摘がありました。だんだん新しい看護師さん
が増えてきて、倉敷北病院の記録の仕方や報告の仕方が分からなくなってきたらしい
という事です。

 さてどうしたものかと施設長と先生が話をして・・・やっぱり情報の共有が大切
だから、病院の方式に合わせ直してくださいという事になりました。施設長はとても
忙しそうだし、今のままでは統一は難しそうだし・・・では病院から看護教育担当の
係長に来てもらうから・・・みんな頑張ってね!ということで、今週から M看護師が
来てくれることになりました。

a0318189_17511061.gif
 本日が初日。 I先生の訪問診療に M係長が同行してメディカ倉敷北に来訪。右手が
M係長、左が当事業所の O看護師です。倉敷北病院のホームページでどこかに露出
していないかなと探してみました。求人情報のページのスライドの5枚目に外科の
Y先生と一緒に写っておられましたが、頭だけ!

 M先生によると最近の若い看護師さんには怖くてできないような技術を身に着けて
いて、救急外来などで点滴が入らない時に呼び出されるようなタイプの方だそうです。
066.gif
a0318189_17453657.gif
 今日は初日ですので、まずはカルテや処置箋などを見てもらって、そうしたツール
による効率的な情報の仕方を統一して行きましょうというスタンスで相談が始まりま
した。027.gif

by medica-kurashiki | 2016-10-19 23:51 | 訪問看護ステーション

IVHの設置が行われました   

 先月からご利用のAさんに本日、IVH(中心静脈栄養)チューブの挿入が行われま
した。個人の病気については、お話しできませんが・・・食事や飲水が難しくなって
いて、体格の良い方ですが、むくみも強くなってきて・・・普通の点滴で対応してい
ましたが・・・点滴を刺すのも苦痛で、何といってもしっかり意思表示もできる方で、
昨日の診療で、本日の処置が決定したそうです。
 IVHの場合、特殊な濃い点滴が使えますし、このルートを使っていろいろな注射も
できますので、いちいち点滴をとる苦痛は無くなります。
a0318189_16273014.jpg
 倉敷北病院の透視室。処置の後、撮影しました。
 当初は、2月25日のブログでご紹介したCVポートを作ろうと、訪問看護メディカ
倉敷北班からは前回と同じくMナースが参加しました。脱水が強くなっていたためCV
ポートの設置が困難で、普通のIVHのチューブの挿入となったそうです。このIVHのチ
ューブはまた時期が来たら、交換が必要ですが、脱水が改善できればCVポートの設置
も出来るでしょう。

               Y.M.@昭和会

by medica-kurashiki | 2014-06-10 20:30 | 訪問看護ステーション

勉強会がありました   

 本日は倉敷北病院の勉強会の日で、看護部を中心とする発表がありました。
訪問看護スタッフも合同で参加しました。
a0318189_00391243.jpg
よかったら、病院のブログの投稿をご覧下さい。音楽レクリエーションを
中心とした、集団リハビリの検討でした。

       Y.M.@昭和会

by medica-kurashiki | 2014-05-10 00:47 | 訪問看護ステーション

いろんな通知が出始めました   

 訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法の一部改正に伴う実施上の
留意事項について(3/5付 通知)《厚生労働省》

 平成26年度改定では、訪問看護について次の3点の大きな見直しを行っている。
(1)機能強化型訪問看護ステーションの創設
(2)3人以上の同一建物居住者に対し、同一日に訪問看護を実施した場合の大幅減額
(3)消費増税対応
 (1)の機能強化型については、看護師が一定数以上(機能強化1では7名以上、機能強化2では5名以上)配置され、重症患者への対応、24時間対応などを行う訪問看護ステーションを高く評価するもの(P10~P16参照)(P24参照)。
 (2)の同一建物居住者に対する訪問看護では、他の在宅医療の規定と異なり「3人以上に同一日に訪問看護を実施した場合」に減額となる(他の在宅医療では2名以上)ので留意が必要だ(P3参照)。
 資料では、次の告示・通知を掲載した。
●訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(平成26年3月5日付通知、保発0305第3号)(P1~P18参照)
●訪問看護ステーションの基準に係る届出に関する手続きの取扱いについて(平成26年3月5日付通知、保医発0305第5号)(P19~P35参照)
●訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成26年厚生労働省告示第63号)(P36~P44参照)
●訪問看護療養費に係る訪問看護ステーションの基準等の一部を改正する件(平成26年厚生労働省告示第64号)(P45~P52参照)

 メディカ倉敷北のブログにも貼り付けておきます。レセプトの処理が済んだら
医事課で検討して報告して下さい。

 病院のブログから貼り付けました。

     宮原@医局、留守中(ま、出張だね)

by medica-kurashiki | 2014-03-06 19:32 | 訪問看護ステーション

CVポートの埋め込みに参加しました   

 本日は末梢(手や足先)からの点滴で栄養をされていた入居のSさんの、CVポートの
埋め込みがありました。末梢からの栄養では限りがあるし、点滴の抜き刺しは苦痛なも
の(点滴が難しい方には)ですし、もっと元気に過ごしてほしい。・・・ということで
外来の担当のDr.の勧めで、本日の手術になりました。                                                  
a0318189_13304834.jpg
 まず、術前の打ち合わせ。左端が外来の看護師、右の二人が訪問看護のメディカ倉敷
北チーム。
 中心静脈という太い血管に点滴を入れて、濃い点滴液も使えるようにして、皮下(皮
膚の下)に簡単に注射が出来る様な器具(ポート)を埋め込む手術です。
a0318189_13312431.jpg
 ピンクのプロテクターをつけているのが、担当のTDr.、術者は岡大で肺の手術などに
参加している外科のH.Dr.。場所はレントゲンの透視室です。
a0318189_13313039.jpg
 長く末梢栄養で過ごして、最近メディカ倉敷北に入居されたところなので、血管は
痩せていて、随分血管の確保が難しかったようですが、H.先生に頑張っていただきま
した。Sさんも、もっと元気になってくれることでしょう。

                           宮原@昭和会

by medica-kurashiki | 2014-02-25 14:12 | 訪問看護ステーション