<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

垂れ幕がつきました   

a0318189_2123119.jpg

 訪問介護事業所サ責(サービス提供責任者)鍵本さん出動!
 実は買出しに出かけるところだそうです。

 そしてその横で
a0318189_2129749.jpg

 本日、垂れ幕がかかりました。伯備線から、よく見えるかな?

 11月7日に看板もできるそうです。

 今日は、ホームページがだいたい出来たので、一寸確認に来てほしいということで
メディカ倉敷北を覗いてきました。ホームページやパンフレットも概ね出来上がって
いました。少し手直しをさせてもらって、もうすぐホームページもアップされる事で
しょう。

 短期入所の料金設定の検討、オープニングキャンペーンの計画も進めているそうで
もうすぐブログかホームページで発表されると思います。

 音楽療法士たちも、明日は福山に研修に出かけるそうで、少しづつ説明やお知らせ
が始まると思います。(まずはブログかな?)

 そうそう、保育園の慣らし保育も28・29日の2日間行われました。キッズコー
トくらしき・・・保育園の名前です・・・も11月1日から始まります。こちらも楽
しみです。

     Y.M.@北病院のホームページもリニューアル中

by medica-kurashiki | 2013-10-30 22:01

事業所番号が着ました   

 お知らせです。
 昨日、指定事業所番号というんだそうですが、正式に介護保険事業所として認めて
あげますよというお知らせが届きました。これではれて事業所を名乗れます。
 各事業所のスタッフから、お知らせや情報が記事になって投稿できますね。
 居宅介護支援事業所(ケアマネージメント)
 訪問介護事業所(ヘルパーステーション)
 通所介護事業所(デイサービス)
 以上3つの事業所です。
 訪問看護は、倉敷北病院の「みなし訪問看護」で、将来的には介護保険事業所の
立ち上げもするようになるのかなと思っています。

 2F居間から北側通路を望む
a0318189_22315450.jpg

 また昨日は、ズームコーポレーション(美工社クリエイツが名称変更)さんが
ホームページの写真を撮りに来てくれました、先日撮ってくれたスタッフ達の写真も
なかなかよい出来だそうで、一寸楽しみですね。(スタッフ紹介のページ用でしょう
か?)
 
 スタッフ達は、重要事項説明書などの点検をしたり、各事業所でアセスメントを統
一したいと検討したり(病院の受診にも必要な情報を漏らさないよう考えてくれてい
ます。)なかなか忙しそうです。

 昨日覗かせてもらった際、音楽療法士たちが待ち受けていてパワーポイントで作っ
た音楽療法の説明画像、プログラムの例、など説明してくれました。アセスメントも
評価も科学的・客観的なものを目指してもらえそうで・・・独特なよいものができそ
うです。
 また楽士の工房からもお知らせがあるかな!?

          Y.M.でした

by medica-kurashiki | 2013-10-23 23:03 | お知らせ

追加説明?-その4   

 10月10日に高齢者向け住宅メディカ倉敷北のチラシを配ってもらってまもなく
電話でご質問をいただきましたが・・・お受けしたのが介護スタッフで、きちんと
回答できなかったとの事でした。
 ずいぶんご立腹のご様子だったとの事、施設長がお知らせいただいた電話番号に
お電話させていただいた所、電話番号が違っていたそうで・・・お答えできないままで
申し訳ありませんでした。

 ●食事の中のビタミンAの量は?
 
 メニュによって、材料が異なりますので、その日その日の量は、調理業者の管理
栄養士に、その都度確認するのが確かです。通常の食生活でしたら、あまりビタミ
ンAの不足や過剰に神経質になる必要もないと思われますが・・・入居のお客様で
ご希望がありましたら確認させていただきます。

 ●デュオアクティブ・ドレッシングを1週間以上使っとるけど、ええんか?

 添付の文章では、1回の貼付は1週間とされています。病院でも、最長1週間で
貼替えをしています。創の状態により、貼替えの上更にしばらく、医師の判断で使
用しています。大学病院などでも同じです。

 ●2人の当直者で、ちゃんと防災管理ができるのか?

     玄関にある排煙の装置
a0318189_18334042.jpg

 防災は確かに苦慮する所です。当初は、まだまだ入居の人数も多くないでしょうが
だんだん人数が増えてきたら不安がありますね。状況を見て、夜間の人員増(防災と
いうより、円滑な作業を行うため)を考えなければならなくなるかもしれません。
 そうなると、安定した経営のためには入居費用を上げなくては無理だし・・・
困ったことです。

     デイサービスの火災通報電話
a0318189_19225732.jpg

 先日、整形外科医院の火事で沢山の方が亡くなり、たいへんな事でした。
 火災に関しては、きちんとした基準をクリアして違反の無い様注意しています。
一寸目立ちすぎですが、各種設備が機能するようにしています。もちろん、スプリン
クラーも十分機能するようになっています。

     デイサービスの消火器。絵は、遠山東湖(本物であるはずは・・・ない!)
a0318189_1937858.jpg
 
     1F通路の設備はこうです。(なんて目立つんだろう!)
a0318189_19393774.jpg

 大規模災害に関しては、更に苦慮しています。
 特に夜間に大災害が起こった場合、スタッフも被害にあっているわけで、現実的
には当直スタッフと、駆けつける余裕のあった少数のスタッフで対応せざるを得ま
せん。
 できれば、入居されている方のご家族が、物資を持ってかけつけてくれると有難
いですが・・・まあ。無理を言ってはいけません。

 ずいぶん前の台風19号では、倉敷中が停電して大変な事でした。当時の北病院
の自家発電では、長時間の使用に耐えられず、モーターが焼ききれてしまいました
がちょうど外来の患者さんで、灯油式の発電機を持ってきてくれた方があって・・・
ほんとにありがたかったです。人工呼吸器の患者さんもおられたので・・・。

 以前、グループ内の倉敷北ケアセンターが消防署に問い合わせたところでは
そうした大災害の時は、3日くらい救助活動ができないこともありえるので、なん
とかその間は自力で頑張れるように準備して下さいよいうことでした。
 結幸園でも非常食や飲料水を準備しています。倉敷北病院では経管栄養の患者さ
んが多いので、多量の流動食を準備しています。アルファ米、飲料水はもう少し準
備がいるようです。スタッフには、寝る場所は提供するから・・・いろんな物品を
持って避難に来てくれよ~!と言っているところです。

 先日、内輪のあつまりで備中保険所、倉敷保険所の所長さんが大規模災害対策に
ついて講演してくれました。今年中位には、災害時の案(地域の医療活動)がでる
そうですが・・・。いろいろ考えておかないとならない事が多くて大変そうです。

            Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-10-22 20:14

追加説明ーその3   

 なかなか難しいご質問をいただいています。

 ●デイサービスで腹膜透析はできますか?

 腹膜透析と言うのは、よく知られている透析の機械を使う方法ではなくて、腹腔内
(腸などがある、腹膜の内側)に通じている管を使って透析液を入れて、しばらくの
間おいておくとこの透析液の中に老廃物がこし取られるので、それを再び腹腔内から
流しだすことで透析と同じような効果を期待する簡便な透析の一種です。
 手技的には道具と場所があればデイサービスを行うような場所でも可能ですし、そ
うしたデイケアかデイサービスがあったようにきいています。(本格的には、そうし
たデイサービスに問い合わせしてみないとはっきりしませんが・・・。不詳!)

 問題があるとすると・・・まずは、デイサービスの時間内にこうした処置を行って
よいかどうか確認しておく必要があります。保険診療としての腹膜透析は、介護保険
のデイサービス中は施行できません。医療保険外のサービスとなると、材料は個人で
お持ちいただく事になりますし通常の保険サービス以外の内容として、不公平の無い
ように、適切な請求をするよう指導のある可能性もあります。行政に問い合わせる必
要があるかもしれません。
 特殊なパターンになると思いますので、ご利用の想定をしておりませんでした。ま
たご利用を考える旨ご相談があるようでしたら、事前に行政とこうした相談をしてみ
ます。
 
 グループ内の倉敷北ケアセンターのスタッフ等とも相談してみましたが、デイサー
ビスの時間外に、デイサービスの場所を借りて医療・訪問看護を行うことはできるか
もしれないが普通は通院の方があたりまえだし、その方が金銭的な負担も少ないので
はないでしょうかということでした。(要 行政との相談)
 また、あえてデイサービスで透析を行うことの整合性をケアプランにあげるのは難
しくてどうしてよいか分からないとのことでした。

 在宅生活をする上で、いろいろ制約のある患者さんのお世話をされているのだと思
います。同じ医療・介護に関係する者として頭の下がる重い・・・あ、思いです。

 建物に対するハード面のご質問もありました。
a0318189_1933512.jpg

 ●ひさしが低いようですが、車のハッチがあたりませんか?

 仰るとおりです。寝台輸送用のキャラバンのハッチは、飛び出たミラーが付いてい
て・・・その部分は全開にすると、ひさしの下面に当たってしまいます。ただ、この
部をひさしより外にすると、十分にハッチを開けますし、利用者さんも雨に濡れずに
移動できます。
 車の前面を建物のどこに合わせれば大丈夫なのか徹底しているところです。
 ありがとうございました。
 当初、ひさしの下を通る業務用のトラックの高さについて、設計士さんや建築会社
と相談して、今の高さとなりました。

          Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-10-18 19:51

追加説明ーその2   

 ● お風呂が使いにくそうですね(2・3F)という意見をいただきました。

  内覧会に向けてーその2で、お話しましたが。お風呂に関しても、あまり一人介助
 で入浴できる方は想定していませんでした。
  介護付き高齢者住宅の要件で6つの浴槽の設置が必要(基準)ですので、とりあえ
 ず設置してあるのですが、実際に使用できる方は無さそうに思います。使用のご希望
 があれば使いやすいように手配いたします。
a0318189_19101792.jpg

 ●流動食の料金について
  胃ろう、経鼻胃管などの流動食は、原価からすると、1ヶ月の食費が5万円は少
 し高くないですか?

  看護師が準備、管理をする手技・技術料や滴下中の観察、調節などの作業に対して
 食費と同じ料金に設定しています。薬剤は病院と同じく、看護師が溶かして注入しま
 す。これにもかなりの時間と手間がかかります。

 ●健康管理サービス費の2万円は介護状態の違う人でも、みんな同じですか?

  これは、介護に関するサービスではなくて、健康管理に関する決まった管理の月額
 料金と考えて下さい。毎日のバイタルチェック(医学的な身体状態の把握)やこれに
 もとづく全身状態の観察(終日)、必要に応じた医療機関への相談などを含めた料金
 と考えます。これを医学的な判断のできる看護師が行います。
  介護保険の介護量に応じた料金とは別にお考え下さい。むしろ、有料サービスの費
 用の軽減のために使えないものかと検討しています。

  まだまだ、続きますが・・・今日はこれくらいで・・・。

         Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-10-15 20:37

追加説明ーその1   

 内覧会も始まって、いろいろご質問をいただきます。ありがたいことです。
 スタッフ達から、予想してなかったようなご質問もあってドキドキしました・・・
なんて感想をききました。回答しきれなかったご質問も多かったようです。
 施設長からもスタッフのみんなにメディカ倉敷北のコンセプトとかお話して
いるのですが・・・、いざ説明となると難しいようです。

 おおまかな大原則(ご利用の方の状態て、さまざまではあるでしょうが)は
他の事業者さんとの住み分け・・・役割分担で、当住宅では 医療の必要度の
高い方を受け持つようにしようと言うところから始まっています。

 それぞれの医療機関では、特にこうした役割分担が言われています。更に
年配の方が増える2025年にむけていわゆる2025年モデルという方式が
厚労省でも計画されています。(10年位前から案として提示されていました。)
a0318189_1416497.jpg

 今ある病床がどうなっていくのかなというと・・・。
a0318189_14165095.jpg

 医療機関に長期に入院することは、更に難しくなりそうに思われます。

 そうした医療・介護の環境の中で、医療の必要な方が受け入れできるようにと
メディカ倉敷北を計画したわけです。
 ベースに倉敷北病院の医療療養病床の患者さんで、医療区分が低いため
入院適応から外れた方をモデルに考えました。介護度4~5の方がほとんどです。
また、看護師の常駐(介護保険下では困難)などのサービスを行いますと、どうしても
利用料金が高めになりますので・・・介護度の低い方は入居をご希望されないかな
・・・なんて想定をしました。

 先日、車椅子の利用者さんは、部屋の洗面台を使いにくいのではないかという
ご意見をいただいたそうです。
a0318189_1446969.jpg

 そのとうりだと思います。この春先にずいぶん議論を重ねた部分です。ただ、対象に
考えている患者さん(利用者さんと言うべきか!?)でどれくらい、流しを使える方が
おられるかな?むしろご家族が便利に使える事を考えたほうが意味があるのでは?
車椅子で使用できる方があれば、扉を外して使ったら?・・・など、設計士さんも
「可能です。」ということで、こちらのスタイルを選びました。
a0318189_1458412.jpg

 扉を開けるとこうです。中の配管が・・・どうも・・・美しくない。いろんな
事業所の見学をさせてもらい、こうした配管がそのまま見えている流しの所も多
かったですが当事業所では扉のあるスタイルを選択し、必要に応じて対応しよう
という事にしました。
 
 スタッフの方への説明を兼ねて・・・。(続く)

            Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-10-15 15:15

今日から内覧会   

 今日から内覧会が始まり様子を見に行きました。昭和会から事務局長
倉敷北病院から角南事務長と西川MSW。倉敷北ケアセンターから
代表取締り役が手伝いに来てくれました。
a0318189_1832756.jpg

 事務長、社長、施設長のスリーショットです。
 皆さん忙しくしていて・・・あまり写真が撮れなかった。
 邪魔にならないよう・・・そっと保育園の写真を撮ったりしておりました。
a0318189_18375826.jpg

 ちょうど音楽療法士が二人そろっていたのでご紹介します。
 よく読んでいた物語で言えば「竪琴師の工房」の師補達というところですが・・・
まあ当世風には「楽士の工房」なのかな?などとりとめの無い事を思いながら・・・。
a0318189_1840373.jpg

 介護スタッフユニフォームが上田さん、事務ユニフォームが鈴川さん。作陽音大の
同級生だそうです。
 上田さんは得意な楽器はピアノと打楽器。好きな音楽のジャンルはJポップ。
たいへん活発そうな人です。
 鈴川さんはトランペットとギターが得意楽器。好きなジャンルはジャズだそうで
マイハンドべルの明るいアブホーセンというイメージです。
 この二人で、館内の音楽環境の整備や音楽療法を進めていく予定です。
 介護の方にはピアノが趣味の中原君など、いろいろ楽しいイベントもみせてもらえ
(聴かせてもらえ・・・か?)そうです。

           Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-10-13 18:59 | お知らせ

内覧会に向けてーその3   

a0318189_20372140.jpg

 倉敷北病院の3F通路から望むメディカ倉敷北(多分)。中央やや右側。
 明日より内覧会を行えるように、みんな頑張りました。引渡しが1週間遅れたのと
その分、まだ届いていない家具があったり・・・完璧とは言えませんが、目指していた
雰囲気は味わっていただけると思います。
 
a0318189_20451047.jpg

 届いた本棚を置いてみると、けっこう大きくて、ここにかけてあったミロの「夜の
女たち」をどこかに移動しないといけない。ちょうど大原美術館の額絵をかけてる3
Fの壁に余裕があるので、もとの予定どうり(「夜の女たち」は大原美術館にありま
す。)ここにおさまったり・・・直前のバタバタもありました。
a0318189_205146100.jpg

 3Fの画像です。

 内覧会で主に見ていただくのは2Fになっています。まずは、2Fをオープンして
利用者さんがある程度の人数になってから3Fをオープンの計画です。ご希望があれば
その際には階の移動も可能です。(またそれは先の話)
 2Fには3部屋のモデルルームを準備しました。イメージとしてとらえて下さい。
a0318189_2163285.jpg

 もうひとつ
a0318189_2173436.jpg

 次は、お二人でも入れる部屋ですが・・・
a0318189_219531.jpg

 ソファーのある壁面は
a0318189_21125820.jpg

こんな具合にしてもいいですね。
 もう一つベッドをいれるかもしれないし・・・テーブルセットを置くのかもしれま
せん。

 また少しづつメディカ倉敷北内部の様子は変わっていきますので・・・時々遊びに
きて下さい。オルガンやら別の家具やら・・・、目新しい発見があるかもしれません。
 今日覗いてみたらハンドベルやら、珍しいハープの楽器が置いてありました。

           Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-10-12 21:36 | お知らせ

こんばんは。やっと逢えたね。   

 久しぶりの投稿です。
 内覧会が今月の13日より始まります。
 メディカにお引越しして10日・・、皆さんに来ていただいて落ち着いた空間でほっとしていただきたく思い、毎日ロビーの配置を考えては職員とともにセッティングしております。

 あわせて、一人でも多くの方にメディカ倉敷北を知っていただけるようチラシのポスティングも頑張っています。職員の頑張りを見ると、私に元気が湧いてきます。
       一緒に頑張っていこうね003.gif


  今日は、知人の老夫婦にお会いしました。
  私に・・・kさん、お久しぶり、やっと逢えたね~嬉しい。と、喜んでいただき
     言われたお言葉がまた、私の胸に響いてきました。

  お話のときに、だんだん歳を重ねていくと、身体に自信がなくなってきて先の心配ばかりしてました。でも相談できるあなたがいて、今日お話しして安心したよと、おっしゃっていただきました。
  心配を安心に変えること・・・これからも、そう思って下さる方が一人でも多くなることを願っています。
  私にできること・・・皆さんにお伝えしていきたいとおもいます。

  明日も、内覧会の準備・・・頑張ります。

    みなさん、来てくださること 心より お待ちしております。

by medica-kurashiki | 2013-10-10 20:27

内覧会に向けてーその2   

 続けての投稿です。
 今度はお風呂編。
a0318189_2143133.jpg

 これはシャワー浴槽です。病院の方にご紹介いただく患者さんは心肺機能の
悪い方が非常に多いので、湯船に浸からないで入浴できるタイプのお風呂を
探しました。また、四肢が不自由で座位をとることも難しい方も多いので、横になった
まま入浴できるものにしました。横からみるとこうです!
a0318189_21503587.jpg

 こうした浴槽の必要な方は介護度も高いので体位転換、おしめの交換も頻回と
なりますので、訪問介護のみでは対応困難と考え週3回程度のデイサービスを
行い、その際にこうしたお風呂に入ってもらおうと思っています。

 もう少し動ける方は湯船に浸かりたい?両側から介助できる浴槽も準備しました。
シャワーカーテンでし切って、個浴の入浴になります。全体に介護度の高い方を
想定しているので、大浴場などはありません。
a0318189_2241521.jpg
 
 もう少し介護度の低い方で、訪問介護の利用ができる方、有料サービスをご希望の
方は、各階に浴室を用意してあります。利用の想定はしてないのですが、ご希望が
ありましたらお使いになれるよう準備いたします。
a0318189_22132236.jpg

 また、ホームページが立ち上がりましたら、2室ですがユニットバスのついた部屋も
ありますので、関連のページをご覧下さい。
 以上、お風呂をご紹介させていただきました。

            Y.M. 

by medica-kurashiki | 2013-10-08 22:18 | お知らせ