<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

年越しの支度です   

a0318189_18281070.jpg 
 12月28日
デイサービスに
こんな物体が
あった!

 ご存じお正月の
アレです。

 器用なもんだと感心したのが
・・・

a0318189_18294108.jpg
               門松でした!!
 これも一夜飾りにならない方がいいのかな?

 先日、Kさんの読まれている本をご紹介しましたが、Yさん達はまた違う本が
お気に入りだそうです。
a0318189_18490076.jpg
 女性のYさんは子供の本棚から「懐かしい!」と、1冊。
a0318189_18490224.jpg
 男性のYさんは、宮本武蔵の第1巻を読まれているそうです。(ん?1・2巻
でしょうか?)

 かくして年は暮行く・・・。

         Y.M.

by medica-kurashiki | 2013-12-30 18:54

クリスマス会   

みなさまこんにちは。お久しぶりにブログに登場させて頂きますY・Kです003.gif
2014年も残すところあと、3日となりましたね056.gif
入居者様も入られ、みなさまにいいケアが提供できるように、スタッフ一同頑張っております。

12月25日(水)にデイサービスフロアにてクリスマス会を行いました060.gif
a0318189_1349933.jpg

上の写真は、スタッフから入居者様への、ささやかなプレゼントとしてハンドベルの演奏をさせていただきました。
a0318189_13571833.jpg

職員がボーリングのピンとなり、人間ボーリングをしました072.gif
入居者様には、大きなボールをピンめがけて転がしていただき、とても楽しまれていました。
a0318189_14125653.jpg

最後に、サンタとトナカイが登場し入居者の皆様にプレゼントをお渡しさせていただきました016.gif
来月も、新年会を予定しておりますので、皆様が楽しまれている様子をお伝えできたらと思います058.gif

by medica-kurashiki | 2013-12-28 14:19

続 音楽療法、頑張って!   

 上田さん、お疲れ様。○○担当ですか?少しイメージが違うような・・・。
 うちの娘たちという印象なんだけど。
 少し対象の病気の方で、先日の佐藤 正之先生の文献の残りをご紹介します。
a0318189_00154337.jpg
 

 神経疾患への音楽療法に期待
 

 いまだエビデンスの確立していない中で,neurologyにおいて比較的報告が多いのが認知症,失語症,パーキンソン病に対する音楽療法である。

 

◆認知症:認知症の症候は,もの忘れなどの中核症状と,心理・行動上の異常であるbehavioral and psychological symptoms of dementia BPSD)に分けられる。もの忘れに関しては,音楽聴取によりアルツハイマー病患者のエピソード記憶が改善したとの報告がある。また,音楽は情動に直接はたらきかけることからBPSDに対する効果も期待されてきたが,最近の複数のシステマティック・レビューでもその有効性が確認されている。音楽療法にかかる経費は,認知症患者の一日のケア費用の70分の1で費用対効果が大きいとの報告もあり、BPSDは,音楽療法の効果がもっとも期待できる領域である。


 BPSDは、以前認知症の周辺症状といわれていた徘徊や抑うつ状態
等のことですね。今回紹介されていた回想法も、セラピーとしては
かなり熟練を要するようです。音楽療法ならではの手法もあるようです。

◆失語症:言語能力のすべてを失った全失語の患者が,歌唱の際には歌詞を流暢に唄う現象がしばしば観察される。このことから歌唱を失語の訓練に活かせるのではとの期待が生じたが,これまでの報告では単なる歌唱では効果はないか,あっても限定的である。音楽的な要素を用いた系統的な失語訓練法にmelodic intonation therapy MIT)がある。MITは音楽のリズムや節回しを利用して失語症患者の発話を改善させる方法で,米国神経学会により有効性が認定されている。本邦へは杉下守弘らのグループによって導入されたが手法の""にあたるところが文章では説明しにくいことから汎用されるまでに至っていない。


 失語症の種類にもよりますが、日ごろ言葉の出ないお年寄りが、リハビリの
レクリエーションの時、上手に歌を歌って、驚かされることは・・・確かに
ありますね。音楽と言語では働く脳の部位が異なるので、こうした現象が
おこるわけです。ただ歌を歌えばよいと言うわけではないので、一定のリズムを
つけてしゃべったり・・・というセラピストの管理が必要になるようです。


◆パーキンソン病:すくみや突進を呈するパーキンソン病(PD)患者が,床に引いた平行線を跨ぐように指示されるとスムーズに歩くことができる。その機序として,平行線が視覚的リズムとしてはたらくとする意見がある。このことから,PD患者の歩行障害に対する音楽療法が試みられてきた。筆者も「うさぎとかめ」のmental singing(声を出さずに心の中で歌うこと)がパーキンソン歩行を有意に改善することを報告した

 ある程度全身を動かすことによって、神経末端からドパミンを
分泌させ、パーキンソン病を警戒させようという試みの一つが
パワーリハビリですが、こうした運動に音楽を取り入れている
施設も増えているようです。

 

a0318189_00155322.jpg

 大学病院音楽療法室での取り組み

 

 三重大病院では,20121月に新病院に移転したのを契機に患者サービスの一環として音楽療法室が設置され,同年6月から週1日,認知症患者に対する音楽療法が行われている。

 

 具体的には,認知症医療学講座の大学院に在籍している音楽療法士が,室長の指導・監督のもと,自由診療として1時間のグループ・セッションを行う。対象疾患はアルツハイマー病が多いが,混合型認知症,レビー小体型認知症の患者もいる。目的はBPSDの発症抑制とコミュニケーション能力の改善で,各種神経心理検査と介護者からの聞き取りを通して,音楽療法による効果を評価している。取り組みは現在進行中であるが,施療者・患者・家族ともに良好な手応えを感じている。

 
以上治療に音楽療法を取り入れている、三重大学附属病院の
佐藤 正之先生の文献をご紹介しました。

     倉敷北病院医局 宮原


by medica-kurashiki | 2013-12-26 13:14 | スタッフからのメッセージ

あっちこっちでクリスマス   

 昭和会グループの、あっちこっちの事業所で、クリスマスの催しが
行われたそうです。メディカ倉敷北ではデイサービスでクリスマス会。 
a0318189_20050050.gif  倉敷北病院のブログでは集団リハビリの形でクリスマス。
  倉敷北ケアセンターではクリスマス会の紹介が
           ブログフェイスブックで。
  介護付き有料老人ホーム結幸園でもクリスマス会
 紹介が更新されています。


a0318189_20052062.gif  なかなかにぎやかな様子です。
  来週の今日は、もう新年ということになりますか。
  もうひと頑張り!
  やりましょう!!

        Y.M.@昭和会
  

by medica-kurashiki | 2013-12-25 20:37 | 昭和会グループ

音楽療法ってどんなことをするの?①   

初めまして!
介護員兼生活相談員兼音楽療法士の上田です。
メディカ倉敷北ではお色気を担当しています♪

では、早速前回の続き…今回は音楽療法ってどんなことをするの
ということで具体的にどんな感じなのかあげてみたいと思います。

a0318189_1339940.jpg


音楽療法は、前回少しご説明したように
参加される方の状態に合わせて
どんな状態になることが望ましくて、
その状態に至るにはどのような訓練が必要なのかをまず考えます。
そして、その訓練に対してどのような音楽
アプローチしていくのかを音楽療法士が考え実施します。


a0318189_13375614.png



上の図をご覧ください。
縦のラインが音楽療法で目的とする領域です。
目的とする領域は5つあり、認知領域では記憶や注意力などを、
社会性領域では対人関係などを、
コミュニケーション領域では言葉や言葉を使わない合図など、
運動能力の領域では身体的なことを
情緒領域では感情にかかわることを具体的には取り扱います。


横のラインは音楽療法の活動です。
音楽を聴く、歌を歌う、楽器を演奏する体を動かす等の
活動を通して働きかけます。


a0318189_13393595.jpg



たとえば、記憶力や注意力に働きかける場合、
若かったころの歌を歌って、その頃のことを思い出してもらい、語っていただいたり
(自分の人生を振り返って語っていただくことを回想法といいます。
これは回想法的音楽療法と言えると思います)、
「たきび」を歌う時に「き」と発音するところだけを歌わないという活動をすることがあります。
これは、下の図の認知領域と歌うが交わった部分にあたります。


a0318189_13383349.png



このように考えられたプログラムを組み合わせて音楽療法は行われます。
次回は他の活動例を見ていきたいと思います♪

by medica-kurashiki | 2013-12-25 11:31 | スタッフからのメッセージ

最近のエピソード   

 ヱプシロムです。さっきまで寝ていて、起きだしてきたところ。
 今日はレーザー治療の日で、大分痛かった。
 「肩があがってますよ~。力をぬいて下さい~。」と先生
 「あ。すみません。」
 しばらく、涙流れて止まず・・・でした。

 最近のメディカ倉敷北のエピソードから
ご入居のKさんの一寸だけいい話。

 寝たまま入れるミスト浴をお使いですが、終了の時は
 「気持ちがええなあ。もう少し入っとったらいけんかなあ。」
と仰るそうで、気に入ってもらえてよかった!
a0318189_17172824.jpg

 同じくKさんが、談話・相談コーナーにある日本の天然記念物のシリーズを
読破すると意気込んで?おられるそうです。これも気に入ってもらえて
よかったです。

      お休み中のヱプシロムでした。
 

by medica-kurashiki | 2013-12-24 17:23 | スタッフからのメッセージ

音楽療法、頑張って!   

 音楽療法の現場には素人ですので、そういう立場から・・・。
a0318189_1321148.jpg
  音楽療法のイメージとしては
 リハビリの一つの分野という
 印象を持っていました。
  治療効果をあげるセラピーの
 ひとつとして、理学療法や
 作業療法に並べて音楽療法を
 あげてよいように思います。

  医療の分野でも、興味のある
 文献をみることが多いのですが
 今年見つけた文献で三重大学
 医学部附属病院音楽療法室室長で
 医師である佐藤 正之先生が
 このように述べておられました。

  科学に徹することが音楽療法
 普及への最短ルート

 本邦には,日本音楽療法学会を
はじめとする学会資格による音楽療法士が約6000人いると言われている。
一時期作業療法士や理学療法士,言語聴覚士と同じ国家資格化が期待されたが
結局,認可には至らなかった。その理由として,エビデンスの絶対的な不足が
あげられる。医学的基準を満たした良質な研究・報告がある一方,「音楽を用いて
何かすればすべて音楽療法」といった,レクリエーションとしか言いようのない
ものもある。"悪貨は良貨を駆逐する"のたとえ通り,後者のような報告を目にした
人が音楽療法そのものについて疑念を感じたとしても不思議ではない。
 音楽がヒトにもたらす効果についてはことさら慎重に評価したい。誰が見ても
科学的に疑義のないデータを通して,音楽療法の有効性を世に示したい。愚直な
までに科学に徹することが,医療現場で音楽療法が市民権を得るための最短の
道である。

 ・・・これは、メディカ倉敷北がオープンする前に、うちのセラピスト達に
お願いしたことと同じです。そうした治療法としての考えがベースにあるのだと
いうことは、12月10日や21日のブログにSさんが紹介してくれています。


 佐藤 正之先生の文献では 
 音楽療法の定義と原則

 音楽療法は「精神および身体の健康の回復・維持・改善という治療目的を
達成するうえで音楽を適用すること」(全米音楽療法協会)と定義される。
治療目的を有することから,単なる嗜好・娯楽としての音楽聴取・歌唱行為とは
一線を画する。音楽の適用方法により,受容的音楽療法と活動的音楽療法に大別
され,それぞれ音楽の聴取と歌唱・演奏を治療手段として用いる。実際の療法では
両者がさまざまに組み合わされる。

 受動的音楽療法に関しては、北大の脳波等を使った実験の文献を見たことが
あります。その研究では一般的な方を対象にしていたようですが、一見心の
動きが乏しいように見える重度のパーキンソン病の患者さんなどにも、十分
治療として対応できそうな印象を受けました。


 音楽療法の大原則に「同一性の原理 (isoprinciple)」がある。これは,治療に
際してはその時点での患者の症候に合致した性質の曲から入り,次第に目的とする
状態に近づけるべく楽曲を変えていく,というものである。例えば,うつの治療に
音楽を用いるとき,いきなり元気で明るい楽曲を用いるのではなく,まずは落ち
着いた静かな曲から導入し,患者の様子をみながら次第に明るさ・活発さを増して
いく。身体リハビリテーションで,患者の回復に合わせて加える負荷を替えていく
のと同じである。音楽療法士には,病気と症状,評価バッテリーについての知識と
何よりも患者の心身の変化を鋭敏に察知する感受性が必要である。


 メディカ倉敷北は、まだまだ入所の方がすくないのですが、次第に対象の
お年寄りが増えてきたところです。また、最初の予想より、軽度の入所者さんも
近々ご入居とのことで、対象の方の幅も広がる見込みです。治療の対象者として
良質な患者さん(あえて、そう呼ばせていただきますが)が集まる性格の住宅を
想定しておりますので、よい経験を積ませてもらい、更に優れた臨床技能を身に
つけてさせてもらうよう、頑張って下さい。


a0318189_17459100.jpg

 佐藤 正之先生の文献では、具体的な病名を挙げて音楽療法による治療の紹介が
されていますが・・・長くなりますので、また今度。
 
 ちょっとうれしい誤算の感があるのは、U音楽療法士が従来のイメージの音楽
療法士さんで、S音楽療法士が神経学的音楽療法というメソッドを勉強して
いました。神経学的音楽療法Neurological Music Therapyというのは、よく
知りませんでしたが、生理学的、心理学的な要素を重視した療法のようです。
 入所やデイサービスの利用者さんが増えたらレクリエーションと、音楽療法
神経学的音楽療法は3者別々にプログラムを組むようにしていく方が効果的
かなあ!?それくらい(例えば、理学療法と作業療法くらい)の違いがある
ように思われます。入所の方が増えて、この春位にそれぞれのチームが組める
ようになるとよいですね。
   
  
     倉敷北病院医局 宮原  
   

by medica-kurashiki | 2013-12-22 17:43 | スタッフからのメッセージ

音楽療法とは?②   

前回の記事でたくさんなされている研究のごく一部を
ご紹介いたしましたが、今回も引き続き「音楽療法とは?」
というテーマで書かせていただきます♪


音楽療法とはいったい何なのでしょう?
日本音楽療法学会の定義に基づいてご紹介していきたいと思います。

a0318189_14354398.png



これだけ読むと難しいですが、言葉を簡単にすると、
音楽の、感情を動かす力や、運動を促進する力
記憶と結びつきやすい特性などのさまざまな力を利用して
困難を感じておられることに対してアプローチをしたり、
より豊かな生活を送られるように機能の改善などの支援をしていく療法です♪

a0318189_1482297.jpg


下の図は音楽療法の流れを示しています。


a0318189_1436239.png


音楽療法の対象となる方の状態を理解し(アセスメント)
どんな目標に向かって
どんな音楽活動を行うか、
どんな音楽を使うかを考え(治療計画)
実際に対象者に音楽療法を行います(実施)
そして音楽療法中の行動や反応を観察し、
場合によっては目標や音楽活動を見直します。(評価)
この流れを繰り返しながら、音楽療法は行われます。

a0318189_1484597.jpg


このように、活動自体は、音楽レクリエーションや音楽教育と
似たような部分もあるかもしれないのですが、
対象者の方々に合わせて
音楽のもつさまざまな力や特性を
ねらいをもって使っていくことが音楽療法の特徴といえますね


次回は、音楽療法は具体的にどんなことをするのかご紹介させていただきます。

by medica-kurashiki | 2013-12-21 14:37 | スタッフからのメッセージ

もうすぐクリスマス   

 12月20日、今日は午後からお休みで、メディカ倉敷北に行ってみました。
 まずは、デイサービス。
a0318189_205423100.jpg

 「これからレクリエーションなんですよ。」とスタッフの皆さん。
 まだ入所の方が少ないので、訪問介護のスタッフもやってきました。
 「青い山脈」の歌で体操をしています。来年早々までには、あと3人の
入所の方が決まっているそうです。
 12月25日はクリスマス会をするそうです。24日、25日にお二人の入居が
決まっているそうで・・・予定のプログラム・・・大丈夫?・・・「大丈夫!!」
a0318189_217053.gif

 入居の皆さんがデイサービスに降りている間に、2Fに上がってみました。
 こちらも、クリスマスの雰囲気です。
a0318189_21125578.jpg
 

 クリスマスツリーです。
 東の窓辺に飾ってありました。
 綿を雪のように見せているのが
なかなく上手いもんだと思います。


 下の白いツリーは、2FのBタイプの
部屋に飾ってありました。
 クリスマスとあまり関係ない?
まあ、それっぽい雰囲気です。
 誰が持ってきてくれたんだろう?
 ありがとうね!
a0318189_21114290.jpg

a0318189_21285170.gif

 2Fエレベーターホールに今夜の献立表がありました。
a0318189_21311038.jpg

 カウンターを見ると・・・
a0318189_2133844.jpg

ポインセチアはこの季節らしくていいですね。
 うち(メディカ倉敷北)らしい所にお気づきでしょうか?
 壁にかかっているのは聴診器です。3本!可愛らしい赤の・・・。
 ご興味がおありのようでしたら・・・吸引機や、導尿セット等(メディカは
夜間も、いつでも使えます。これが特徴!)の画像もまた撮っておきます。

    少し宣伝も入れて Y.M.
 

by medica-kurashiki | 2013-12-20 22:00 | スタッフからのメッセージ

連絡!音楽部活動報告   

 倉敷北病院ブログに音楽部からのメッセージがでています。
 選曲の相談もあった・・・ということは?4曲より多い??060.gif
 音楽部からのお誘いもありましたので・・・
 昭和会の皆様、奮ってご参加下さい!!060.gif
 a0318189_15183352.jpg
 先日、病院で撮影。
 酒津線って言うんで
しょうか、その道沿に
最近介護事業所が
増えたきました。
 高い建物の向こうの
薄茶の施設が
 ラナシカ倉敷。
 その向こうの白い建物が(見えにくいけど)、テレサ(デイやショートステイ)。
 山の上の白い建物から左下にメディカ倉敷北(今回見えにくいです)。
 a0318189_1519045.jpg
 メディカ倉敷北は一緒には
見えないけれど、テレサと
ラナシカの部分を大きくすると
こうです。
 この道の反対側には
デイサービスの楽しみ空間が
あります。
 倉敷北病院の隣には
倉敷北ケアセンター特定施設の結幸園と・・・ご近所も介護事業所で賑わって
きました。070.gif

     今日は004.gif状態のエプシロムでございます。

by medica-kurashiki | 2013-12-17 18:04 | スタッフからのメッセージ