<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

初めてのハロウィン   

日本の若者の間では仮装大会の様相を呈しているハロウィンですが、最近は施設でもハロウィンの行事を行うところもあり、
高齢の方にも少しづつ知られてきているようです。

デイサービス昭和会でも今年初めて秋の行事としてハロウィンを楽しんでみました。
a0318189_07422214.jpg
なじみのない外国行事だけにみなさんそわそわ…
非日常って脳を活性させますよね。
a0318189_07425682.jpg
おなじみM介護員さんのフラワーアレンジメントも今日は少しおめかし。
a0318189_07432249.jpg
デイルームでは、朝から果物の型抜きをしていただいています。
a0318189_07462953.jpg
「西洋のおばけ?なんか、にぎやかじゃな…星型は端っこをそーっとせんと、きれいに抜けんで。」
a0318189_07494268.jpg
「柿のあーまいにおいがして、秋じゃなあと思うわあ」
五感をしっかり使っていただいていますよ。165.png

午前中は脳トレクイズをしていただいたり、お風呂に入られる方もおられますし、体操もあって、となかなかにみなさんお忙しく?
気づけばお昼ご飯の時間です。
a0318189_07573513.jpg
「こういう日のお昼ご飯は楽しみなんよね。」とOさん。しっかり完食されました。
「プリンに乗っているのもおばけ?可愛らしいね。」

楽しく昼食を召し上がられ、思い思いの場所でゆっくりと休まれた後はさらにいつもとは違う世界で楽しんでいただきましょう。
…マジックの世界です。
今日は手品でボランティアをされている「奇楽会」の方々に来ていただいております。
a0318189_08234993.jpg
ハロウィンらしいコスチュームに身を包み…駆け付けたご利用者様ご家族の方からも「まぁ、楽しそう!」の声が。

期待の高まる中、手品ショーの始まりです。
a0318189_08303163.jpg
魔法をかけると銀のボールが自在に動き始めます。布に潜り込んだと思ったら天井に向かって飛んでいきそうになったりひょっこり顔を出したり…。布の裏側もしっかり見せて下さるので「タネも仕掛けもないが!どうなっとるんかな。」と腕組みをしながら楽しそうなMさん。
a0318189_08381038.jpg
布を使った手品ではご利用者様一人ずつを回ってくださいました。
しっかり手首に結ばれたはずの布、一瞬でスルリと取れるのですが確かに布に結び目は残っている、というもの。
目を凝らして見ていても、ご自分の番になると鮮やかな手つきに「ありゃ!一瞬でわからんかったわ!」と驚きの表情。

今回、お二人のマジシャンが来てくださいました。次々と繰り出される手品に見とれていると1時間があっという間です。
a0318189_08521564.jpg
a0318189_08551703.jpg
水を入れたばかりのコップが持ち上がったり、牛乳が魔法の箱で(?)ビールに変わったり、デイルームがハロウィンらしく不思議な空間になりました。
a0318189_09000551.jpg
最後は小さな箱からは考えられないほどのたくさんの量のキラキラの紙の帯が出てきます。
「こりゃいつまで出てくるん?」と驚いていると、最後に出てきたのは「いつまでもお元気で」の帯。

「最後、感動しました。」と夕食の時にも思い出しておっしゃっていた方がおられるほどのすてきなサプライズでした。113.png
奇楽会の皆様、ありがとうございました。

今年は介護スタッフが日々繰り出しているさまざまなレクリエーションに加えてこうしたボランティアの方のお力もスパイスとなり、
より充実した内容で日々を過ごしていただいています。

a0318189_09341182.jpg
さあ、おやつはフルーツたっぷりの変わり種サイダーとハロウィンの和菓子です。
a0318189_09430239.jpg
a0318189_09424840.jpg
皆さんの会話にスタッフの合いの手も絶妙で和やかに召し上がっていただきます。
楽しい秋の行事の様子でした。106.png


by medica-kurashiki | 2018-10-23 09:54 | デイサービス昭和会

ハロウィンとはちょっと合いませんが   

 早速紹介していただいてありがとうございます、福沢一郎のリトグラフで
題名は「アポロンとダフネ」です。メディカ倉敷北のデイサービス昭和会
では、来週(21日からの週)にはハロウィンパーティをするとのことで・・・
何かそれにちなんだものはないかと探してみましたが・・・むしろ真反対の
神様の絵・・・が一番雰囲気があったので、こちらを選んでみました。
a0318189_23161497.jpg
少し大きめの画像があったので貼り付けてみました。メディカ倉敷北にはもう1枚
福沢一郎のリトグラフ「牧神」がありますが、その欲に掛けて頂いて、なかなか
いい感じになっています。

「盆栽」は 大貫忠三著 実業之日本社刊行 39年
藤原啓備前作品集」は 1450部  講談社 昭48年
備前 山本陶秀」 毎日新聞社 昭49年

特に30~40年前、岡山県出身の藤原敬さんは誰でも知っている人気の作家さんでした。

 流沙@昭和会

by medica-kurashiki | 2018-10-14 23:41 | メディカ倉敷北

絵画、写真集…芸術の秋   

秋らしく、過ごしやすい日々が続いていますね。

先日、メディカのアート部門(?)101.pngも監修してくださる昭和会の流沙さんが絵画と写真集を持ってきてくださいました。
a0318189_13140188.jpg
2枚並んだ絵画はどちらもおもに昭和に活躍した画家、福沢一郎画伯のもの。
右側の絵が今回お目見えしたものです。
画集のあるコーナーには福沢画伯の分厚い絵画集もあります。166.png骨太な表現で描かれた世界を堪能できますよ。

そして写真集が3冊。
まずは盆栽の本です。雄大な自然が見事に凝縮された盆栽、お好きな利用者さまもおられそうです。
a0318189_13595239.jpg
それから備前焼の写真集が2冊。
人間国宝「藤原啓」の作品集。
a0318189_14063966.jpg
こちらも同じく人間国宝、「山本陶秀」の作品集。
a0318189_14065421.jpg
炎と灰が織りなすアート、「窯変」にもさまざまな種類があり、窯の中の力強い炎を想像しながら写真集を味わうのもいいものですね。
見ごたえのある3冊、メディカにいらした際にはどうぞご覧ください。109.png




by medica-kurashiki | 2018-10-14 14:28

地域の方々とご一緒に   

昨晩の台風も過ぎ去り、日中はうろこ雲が秋の空を演出しておりました。

館内には季節を感じる紫式部が。
a0318189_23225072.jpg
実の紫色は上品ですが、その姿には野性味も感じられますね。

さて、今日は年に一度の地域の方々との交流会の日です。
a0318189_23255530.jpg
月々の町内会を今月はメディカ倉敷北に会場を移し、町内会の方々とメディカご入居者様、またスタッフともふれあいの時間を持ちましょう、というわけです。

今年で3回目となる交流会、町内会の方がご利用者様の緊張をほぐしながら上手く進行してくださいます。
a0318189_23234319.jpg
「さっきまで猫言うたら猫の真似でよかったのに、今度は犬、言うた時に猫の真似か」
「逆は難しいで」105.png
スピードがアップすると、町内会の方からもご利用者様からも笑いが起こります。

脳が活性してきたところで恒例のボールを回しながらのしりとりが始まります。
今回もたくさんの方がメディカに来てくださったので、自分の番が回ってくるまではなかなか時間がかかり、頭の中は言葉探しでフル回転。
ソワソワ、ドキドキしながらのしりとりゲームでした。

そして今年もピアノを弾いてくださるFさん。今回はフルート奏者の娘さんと共に秋の曲を演奏してくださいました。
まずは「愛の挨拶」を自己紹介代わりに、と披露され、次は季節の曲を、と秋の「童謡メドレー」。
a0318189_23244862.jpg
皆さんと歌えるように、と「川の流れのように」。そして最後は「ふるさと」の大合唱。

たくさんの方をお迎えするためにデイルームで開催しましたが、フルートの深い音色と柔らかいピアノの音色が響きわたり、まるでコンサートホールにいるよう。169.png
a0318189_23252517.jpg
「なんか気持ちがゆったりするわ。」
「ええ音がするもんじゃな。」146.png

今年も楽しい交流の時間を過ごすことができました。110.png
町内の皆様、ありがとうございました。







by medica-kurashiki | 2018-10-02 06:00